本の棚

気になる本をお選びください

『おはなしして子ちゃん』 藤野可織


初めてこのブログをご覧いただいている方は、記事の一つ目「とりあえずご挨拶」を見て頂けると幸いです。

 

第二弾は、ちょっとゾクッとする不思議な短編集。


 

f:id:aykaaam:20160418211244j:image

『おはなしして子ちゃん』藤野可織

講談社・定価1300円+税・ページ総数219頁)

 

『爪と目』で2013年に第149回芥川賞を受賞された藤野可織さんの

受賞後第一作目となる本作品。

文庫は出ていませんが、ソフトカバーなので比較的軽く、持ち運びやすい本です。

 

まず絵本のように綺麗な装丁に目が行く本書ですが、

タイトルや表紙の可愛らしさからくるこちらの予想を

気持ち良く裏切ってくれるダークな“おはなし”がたっぷり詰まっています。

 

理科室に閉じ込められた「私」が、“あの子”からお話をせがまれる表題作『おはなしして子ちゃん』

14歳から一日に一つ嘘をつかなければ死んでしまう体となってしまった女の子を描く『エイプリル・フール

“ある視点”から描かれる『ホームパーティーはこれから』

など、全10篇の奇想天外な “おはなし” たち。

他では味わえない不気味で不思議な世界観をぜひ味わっていただきたい!

 

奇想天外ではありますが、決して現実離れしたファンタジー小説ではないのも

この本の魅力のひとつです。

どこかで起こっていそうな妙な現実感。

私たちの生活の中に潜んでいそうな不気味さ。

かなり面白いです。

 

そして、人間誰しもが少なからずもっている暗い部分が、

不気味ながらも不思議な魅力たっぷりに描かれているところ。

あなたがそこはかとなく共感を抱いてしまう、

「なんだかわからないこともない」と思ってしまう、

ハッとさせられる、

そんなポイントさえあるかもしれません。

 

こうした異色の世界観を手軽に体験できるのも読書の醍醐味です。

ぜひ一度ご体感ください。

 

 

P.S.

本書は電子書籍でも出ているようですが、

私としてはぜひ紙の本で読んでいただきたいです。

最後に○○が×××して「△△△!」となると思います。